銀座などでの各種オープンイベントにふさわしいスタンド花

私たちの周りには、実に様々なイベントがあります。運動会、文化祭などの学校行事からコンサートやライブ、舞台や講演会など。それにお店の開店(オープン)や事務所の開設といったものまであります。私たちは、毎日のようにオープンイベントに囲まれて暮らしているといっても過言ではありません。

 

スタンド花はこうしたオープンイベントなどに贈られることが多いです。日本のイベント会場では、スタンド花がないことの方がむしろ珍しいでしょう。ですので、もしかするとスタンド花を贈ったことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。まだ経験がない方もこれから贈る機会があるかもしれませんね。そして、やはりスタンド花を贈るなら、オープンイベントを盛り上げるような豪華なスタンドを贈りたいものです。

 

スタンド花 銀座

 

一般の人がスタンド花を贈る場合で一番多いケースはお店を開店するオープン祝いや歌手の開催イベントであるライブコンサートではないでしょうか。この場合、多くのファンや個人がスタンド花を歌手や経営者に贈るので、自分が贈った花がどこに飾られるのか事前に確認しておくのが良いです。

 

またスタンド花には名札というものがあり、自分の名前と送り先の名前を書いたものをつけます。ライブコンサートでは名札に気をつけましょう。というのも、例えばアイドルグループの場合、その内の一人のファンであったとしても、グループ名を書くのが一般的など、マナーがあるからです。

 

イベント会場に贈るスタンド花の相場は一万五千円〜二万円、高くて三万円というのが一般的です。まず予算を決め、それから花の種類にこだわるのが良いでしょう。花によってはスタンド花が非常に高価になってしまうので、予算の枠を決めてしまってからの方が上手く行きます。