銀座でのおめでたい席(オープン祝いなど)にふさわしいスタンド花

スタンド花 銀座

スタンド花は、お祝いの気持ちを贈るものとして、色々な場面で利用されます。例えば、銀座での開店祝い(オープン祝いお店を)お店を新しくオープンするおめでたい席などに贈ることがあるでしょう。開店祝い(オープン祝い)などのおめでたい場ですので、豪華で、華やかなスタンド花がぴったり、というわけなのです。

 

では、例えば、受賞パーティーの会場にスタンド花を贈る場合、どういったところに注意したらよいでしょうか。まず、送り先の相手や送り先の会場に連絡をとりましょう。そしてスタンド花を贈っても良いか、会場がスタンド花を受け付けているか確認しましょう。また、受賞パーティーなどでは会場を借りて行われることが多いですから、日時が決まるのも早いです。ですから、スタンド花の注文、配達日時の連絡を早めに済ませておきましょう。

 

受賞パーティーなどに贈られるスタンド花は、お祝いの気持ちとともに、相手の業績などを称える意味合いもあるので、他の場合に比べて、より高価で、気品があるスタンド花が求められるケースが多いです。このため通常より高価な二万円〜五万円ぐらいのスタンド花というのが相場です。なお、使うお花は胡蝶蘭がおすすめです。豪華で高級感があるため、お祝いの雰囲気をより高めてくれるでしょう。

 

銀座での開店祝い(オープン祝い)に贈られるスタンド花は二、三日の間で処分されることが多いです。ですので、記念として長く飾ってもらいたい場合などは、日持ちの良いユリの花をメインに使ったスタンド花を贈るというのもひとつの選択です。もちろん香りや花粉が嫌いな方もいるので一概には言えません。事前に相談してみましょう。

 

また、日持ちという点では、枯れないお花として人気のあるプリザーブドフラワーもおすすめです。この花の値段相場は五千円〜三万円程度です。生花と同様に価格帯に幅があるので、予算に合わせて選べます。なお受賞パーティーなどで渡す花束の相場は五千円前後というのが一般的です。